(特に表題に意味はない)


       我が家の隠語をご紹介するという「こーち&うーち」家
マニアックばーぢょんである。
     ここまで知ったら貴方も我が家の一員だっ!(ヤだってか)

花梨について
 家では「かりん」なんぞという可愛いお名前ではあまり呼んで貰えない。
 こーちは「かりゾーさん」と呼ぶ。「かり蔵」・・・
 非常に変であるが、なぜか定着。
 病院に連れていくなどの本人(本猫)に気づかれたくない会話の場合
 「ぞーさん」とも呼ばれる。
            <使用例>
              「どーする?そろそろ ぞーさん病院連れてく?」



アンジェについて
 うーち作詞作曲の歌を歌われつつ呼ばれる。
 「アンジェのアーは悪魔のあー
     アンジェのンーは「んこたれ」のんー
     アンジェのジェーはジェジェジェのじぇー」
 ・・・我ながらバカ丸出しだ。
 てな訳で上記の花梨と同様に気づかれたくない場合はこーなる。

            <使用例>
             「ぞーさん連れて行くならついでにジェジェジェも連れてこう」


アクアについて
 BESTを見て頂いた方には理解していただけるであろう。
 猫のクセして白熊みたいなやつである。
 腹に脂肪がたぷたぷついている状態はまさに冬眠前の熊。
 「豊満なウエストにキュッとくびれたバスト」のセクシーダイナマイツ。
 そこで彼女の愛称はその名もズバリ「くまくまちゃん」
 特にBESTの格好は「くまくまちゃんポーズ」と呼ばれる。

           <使用例>
           「あ、机の下でくまくまちゃんがくまくまポーズだよ」


こーちについて
 うーちからは通常「おっと」と呼ばれる。
 友達が来ていようが外出中だろうが夫は夫だ。
 電話中「おっとー!テレビ小さくしてぇ」と叫び、失笑を買ったことも。
 機嫌が良いときは可愛く「おっとちゃん」になる。
 間違っても「おとっちゃん」とは呼んではならない。


うーちについて
 言うまでもない、ご想像通り「つま」である。
 しかし、からかう時はなんと!「ちび」と呼ばれるのだ。失敬な。
 うーちはチビではない!156せんちだ。
 ただ特筆すべきは・・・足のサイズが21.5だったりするからか?
 更にムゴい事に「ウキキ」とも言われる。
 これはお猿のウッキッキの意味らしい。
 そう、うーちは石橋をたたいて壊すタイプなのであった。
          (決して慎重という意味ではない)



                                      

                       くだらなくてごめんね ・・・第二弾へ続く
                       (ホントか?)